MFTとは?

ホワイトニングなど

MFTとはなんですか?

MFTとは口腔筋機能療法のことで、舌や顔の筋肉の不調和を筋肉の訓練により調和のとれた状態に改善する指導のことです。

正しく咀嚼嚥下(噛んで飲み込む)するための訓練や、リラックス時における舌・口唇の姿勢位置を習慣定着する訓練を行い、各筋肉が咀嚼嚥下、発音、呼吸時に正しく活動するようにします。

日本口腔筋機能療法学会によると「歯並びや咬み合わせの形成には、遺伝だけでなく幼少期の生活習慣や癖なども大きな影響を及ぼしています。舌突出癖や指しゃぶりが開咬や上顎前突を招くほか、アレルギー性鼻炎などによる口呼吸の習慣が、お口周りの筋肉の弛緩につながることもあります。口腔筋機能療法(MFT)は、こうした後天的な筋肉の不調和を舌や口唇、頬などの口腔顔面筋のトレーニングをとおして整えていく療法です。咀嚼時、嚥下時、発音時、安静時の舌や唇の位置の改善、および呼吸をはじめとした口腔機能の改善効果が期待できます。」と書かれています。

ホワイトニングとクリーニングは違うのですか?

違います。

まず患者さんから落としてほしいとよく依頼されるものについてお話します。

「歯垢」:歯垢、プラーク(デンタルプラーク)とは、細菌とその代謝物が蓄積したものです。歯ぐきの上に出ている部分に付着している歯垢は、歯ブラシや歯間ブラシなどのセルフケアで落とせます。うがいやデンタルリンスでは落ちません。歯ぐきの中(歯周ポケットの中)の歯に付着した歯垢は、セルフケアで落とさなくてもいいです。そもそも落としたくてもセルフケアの道具が深いポケット内には届きません。CMなどで「歯周ポケットの中のプラークを落とす」と宣伝しているのはJAROに通報です。

「歯石」:歯に付着したプラークが石灰化したものです。歯石自体には病原性はありませんが、新たなプラークが付着しやすくなるため歯周疾患を悪化させる因子とされています。歯石の除去は必要に応じて歯周治療の中で行われます。

「食べかす」:食べかすが虫歯の原因と思っている患者さんが多いのですが、食べかすは、まだ食べ物です。病原性はありません。歯と歯の間などに引っかかっているだけなので、うがいやつまようじ、歯ブラシで取れます。

「着色」:歯の表面に付着した外因性のものは、研磨して落とせる可能性が高いです。PMTCやポリッシングなどのクリーニングで歯を研磨し、歯本来の色に戻すことができます。原因が外因性でも、歯の内面に染みこんでしまったものは、表面を磨いても落ちません。

「変色」:天然歯の変色と、補綴物・修復物の変色があります。天然歯の変色については、外因性の着色が表面に着いている場合は研磨して落とせます。修復物の変色も表面の研磨が可能であれば、ある程度元の色に戻せます。歯の中に染みこんでいる着色物質は、ホワイトニングやブリーチングで白くすることができます。変色の原因によっては、白くなりにくい場合があります。

 

着色除去のことをクリーニング、ポリッシングと言い換えることはありますが、当医院では歯石や歯垢を除去することを「クリーニング」と呼びません。医学的に明確な定義はないようです。歯周病の治療のための歯石除去は保険が利きますが、着色除去は病気の治療と関係がないので自費になります。

ホワイトニングは当医院ではマウスピースを用いたホームホワイトニングをおすすめします。これも病気の治療ではないので、自費になります。

ホワイトニングの手順について教えて下さい。

1)まずあなたの歯型をとり、あなた専用のホワイトニング用トレーを作ります。
トレーの使い方や手順など、ホームホワイトニングについての説明を受けて下さい。ホワイトニングの前に歯の表面に付着している着色があれば、除去します。

2)ここからは ご自宅です。ホワイトニングの効果をより発揮するため、トレー装着前に歯を磨きます。

3)指定された量のホワイトニング剤をトレーに注入します。
必要量以上の薬剤を入れても、より白くなるわけではありません。薬剤が歯ぐきに溢れてしみる原因になりますので、必ず規定量を守ってください。

4)トレーを歯に装着します。
就寝中などを利用して、2時間以上はトレーを外さないようにして下さい。

5)トレーを外し、歯ブラシや口をゆすいで、歯やトレーについているホワイトニング剤を落とします。

6)ホームホワイトニングを初めてから4~5日ぐらいで効果が現れ、約2週間後には自然な美しい白い歯に生まれ変わります。

◇トレーをはめてホワイトニングしている間は飲食・喫煙は控えてください。
◇ホワイトニング後も18時間~24時間は、コーヒー・紅茶・カレーなどの着色しやすい飲食物や喫煙をできるだけ避けてください。
◇ホワイトニング治療中にしみるなどの知覚過敏症状が出た場合は毎日の連続使用を止めて、1~2日おきに行うようにしてください。また担当の歯科衛生士、歯科医師にその旨お伝え下さい。
◇トレーは熱で変形します。熱いお湯をかけないでください。

ホームホワイトニングをしたいんですけど、料金はいくらかかりますか?

ホワイトニングは自費診療になります。

上の歯のみ、もしくは下の歯のみの場合:19,440円
上下の歯:32,400円
となっております。

歯の表面に着色がある場合は薬剤の浸透効果が半減してしまうので、ホワイトニングの前にPMTCを受けていただきます。(着色の程度により別途料金がかかります。)

ホームホワイトニングって何ですか?

ホワイトニングには、病院で全ておこなうオフィスホワイトニングと、お家でできるホームホワイトニングの2種類があります。(他にホームとオフィスを組み合わせたデュアルタイプもあります)
ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べると、透明感を残しつつ自然な白さを手に入れることができます。さらに頻繁に通院する必要がなく、知覚過敏が生じにくいうえ、後戻りもしにくく、価格的にリーズナブル。

自宅でゆっくりくつろいだり寝ている間に安心してホワイトニングが楽しめます。

オフィスとホームを比較すると、短期間で終了し、術者に施術を任せることができるという点以外にオフィスホワイトニングが優位な点はありません。

当医院では、GC TiON Take Home 、NITEホワイト エクセルを使用します。

歯科医師の指示のもとに自宅で行なうことのできる、とても簡単な方法です。 アメリカでは最もポピュラーで安全な方法として広く認識されています。*
利点
(1)薬剤の刺激が少ない
(2)何度も通院する必要がなく、治療時間も短い
(3)リーズナブル(オフィスホワイトニングの1/3程度)
(4)白くなりにくい歯でも、長く使用することで白くできる可能性がある
(5)白い歯が長持ちする
(6)知覚過敏などの痛みが出にくい

欠点
(1)効果が現れるのに時間がかかる。(1週間~1ヶ月)
(2)人によっては、トレー装着に違和感を感じる
(3)毎日ある程度の時間を装着しなければならないので、続けるのに根気が必要
*数年前くらいからアメリカではレーザーホワイトニングは廃れる傾向にあり、ホームホワイトニングが主流になっています。日本でもホワイトニング薬剤開発者自身が、白濁するように白くなるオフィスホワイトニングよりも、効果が確実で自然な白さになるホームホワイトニングをおすすめしていました。

 

ヤニがついて歯が汚れた感じに見え、とても気になります。 キレイになりませんか?

タバコや茶渋などの頑固なヤニ(ステイン)は、歯みがき粉ではほとんど落ちないもの。
それもそのはず、病院で行うクリーニングでも専用の機械を使わないとなかなかキレイになりません。

当院ではプロフィージェットという専用の機械を使ってステインを落とします。
この機械は歯を削ることなく、細かい重曹の粉末と水を吹きかけてステインだけを落とし、短時間で歯本来の美しさを取り戻します。

20060830165322_260_sub_011_jp

最後にフッ素とリナメル(ナノハイドロキシアパタイトペースト)でコーティングし、汚れの付きにくい歯に仕上げます。

料金 10分:1050円 ~(本数、ステインの程度により料金は変わります)