nina手帖

2017.01.16 日々のこと

栗林歯科医院へ見学に行きました

IMG_0957
歯科衛生士 中村、林田と3人で新浦安にある栗林歯科医院へ見学に行きました。
理事長の栗林先生は、2016年にシアトル研修でご一緒した方です。
明るくて前進力に満ちあふれた、パワフルで魅力的な栗林先生と、その雰囲気を全体で体現しているような病院。
良い職場とは?と考えさせられるような新時代の歯科医院でした。
大好きな栗林先生に半年ぶりにお目にかかれて嬉しかった!
IMG_0920
IMG_0929

1月・2月の休診日

あけましておめでとうございます。
暖かい新年となりました。
今年こそは穏やかで明るい一年となりますように…

さて1月の休診日は、
1月1日〜4日(年始休み)
1月9日(月・祝)
1月18日、25日(以上、水曜日)
1月8日、15日、22日、29日(以上、日曜日)

2月の休診日は、
2月11日(土・祝日)
2月1日、8日、15日、22日(以上、水曜日)
2月5日、12日、19日、26日(以上、日曜日)

となります。

11月・12月の休診日

10月の連休に、H歯科医院のM先生と台北に行ってきました。
「小籠包が食べたい!」というリクエストだったのに、違うものばかり食べに連れていってしまった。
しかし台湾は小籠包以外にも美味しいもので溢れていました。
IMG_0582

私はキャセイ機内で日本公開より一足先に「Star Trek Beyond(原題)」を観ることができて大満足でした。
ビヨンドすごくいいから、みなさんぜひ観に行ってください!
IMG_0468

さて11月の休診日は、
11月3日(木・祝日)
11月8日(火)、18日(金)設備メンテナンスのため
11月9日、23日、30日(以上、水曜日)
11月6日、13日、20日、27日(以上、日曜日)

12月の休診日は、
12月7日、14日(以上、水曜日)
12月4日、11日、18日、25日(以上、日曜日)
12月23日(金・祝日)
となります。

年末年始の休診は
12月29日(木)〜1月4日(水)となります。
年末年始は八代口腔保健センターで当番医の急患対応となります。

2016.09.20 日々のこと

超音波スケーラーのセミナーに行きました

去る7月18日、博多で開催された大野 純一先生の「本当の超音波スケーラー論」を歯科衛生士全員で受講してきました。
IMG_0035

IMG_0040
大野先生の講義はジョークを交えてとても聴きやすく、今までの知識の再確認をしたり、新たな情報を得ることができました。
超音波スケーラーは日々の歯周治療に欠かせないものとなっています。だからこそ、治療として患者さんの利益となるようにより理解を深める必要があります。
今回のセミナーで使用したのは「キャビトロン」というアメリカの製品で、特徴はマグネット式という振動方式です。日本で使われている超音波スケーラーのほとんどが当医院でも使用しているピエゾ式です。マグネット式、ピエゾ式のどちらも特徴をしっかり把握してその能力を十分発揮すれば、性能に差はないそうです。要は、使う人の理解と腕次第です。
午前中は「根面のインスツルメンテーションについて」、「SRPとデブライドメントの違い」などの講義、午後は実際にキャビトロンを使ってみて、チップの効果的な動かし方などの指導がありました。実習で使ってみたキャビトロンは、普段の超音波スケーラーと使用感が全く違うことがよく分かりました。

セミナー修了後は博多市内でナポリピッツァを食べました。皮がモチモチしていて、具が少ないのにこんなに美味しいなんて!と感動しました。
IMG_4661

歯科衛生士 中村祥子

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されました

28年8月より、当院は厚生労働省による 『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』に認定されました。

当医院は担当制で歯科衛生士や歯科医師がメインテナンスを行い、「一生おいしくごはんを食べよう」をモットーに、虫歯や歯周病にならないようなプログラムで予防に力を注いできました。また充分な診察時間を確保するために完全予約制でお約束の時間を守ろうとする取り組みを10年以上続けてきました。
最新の設備・医療技術を導入し、世界水準の治療だけではなく、熊本労災病院、伊東歯科口腔病院(熊本市)と連携して緊急時や重症例に対応できる環境を整えてまいりました。
厚生労働省によるこの認定は、「歯周病・虫歯の重症化を防ぐため原則としてかかりつけ医の指示のもと医療管理メインテナンスを長期的に行うもの」と定めており、当医院のこれまでの姿勢が予防重視の歯科医院のなかでも一段高いランクであると評価されました。

『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』とは?
「口腔機能の維持・改善により国民の健康寿命の延伸とQOL(生活の質)の改善を図るという目標に向かい、虫歯を防ぎ、歯周病を予防管理するメンテナンスが行える専門的な歯科医院」のことです。厚生労働大臣が定める8項目の施設基準に適合している病院が認定されます。

さてこの認定に伴い、より高度な歯科医療の提供を支援するため国から給付されます診療報酬がいくらか増額となります。そのためご負担分が数百円程度ですが幾分高くなりますことをご承知おきください。
必要な時に患者さんの身体の状況に応じた歯科保健サービスを医療機関や地域の包括支援センター等と連携して、地域ぐるみでサポートしていきます。また毎月の虫歯予防のメンテナンス(フッ化物など薬剤塗布)が保険診療で行えるようになります。